ひげ脱毛の基本情報

永久脱毛とは、完全に毛が生えてこない状態を指すのではなく、方法によっては、医療機関で施術することが望ましいようです。

off
2014年3月9日 自己処理

自己処理の脱毛の種類

エステなどではお金や時間がかかるため、手軽に行える自己処理を選ぶ場合が多いでしょう。

しかし、頻繁に処理する必要があったり、肌へのトラブルも多いため、それぞれのメリット・デメリットを理解して処理したいものです。

T字のカミソリなどで処理する方法は、最も簡単にでき、費用も安く済むことが特徴ですが、表皮も一緒に剃ってしまうため肌に負担がかかってしまう事があります。

さらに、表面に見えている部分のみをカットしているため、小まめに処理を行う必要があります。

毛抜きで一本一本抜いていく方法は非常に手軽に行えますが、一本ずつ抜いていくため大変な労力を要します。

また、痛みが生じたり、毛穴がダメージをうけて細菌が入る場合もあるため注意が必要です。

市販の脱毛テープを使って処理する方法は、足などの広範囲を一度に処理できることが特徴です。

しかし、テープをはがす時に痛みを伴ったり、肌にダメージを与えてしまい、もぐり毛などになる場合もあります。

また、毛が短すぎてはテープに張り付かず効果が少なくなってしまうため、ある程度伸ばしてから処理する必要があります。

脱毛ワックスはジェル状やシート状になっているものが多いですが、固形タイプは火にかけて溶かす必要があるため、肌に塗るとき温度が高すぎて火傷を負わないように注意が必要です。